Recommendedおすすめ情報

ケンダル ジャクソンワイナリー ワインペアリング ~ポーク&ピノ~

六本木のホテル、グランド ハイアット 東京のステーキハウス「オーク ドア」では、カリフォルニア屈指のワイナリー「ケンダル ジャクソンワイナリー」の料理長 ジャスティン・ワングラー氏をゲストシェフとして迎え、「Nose to Tail Dining」(鼻先から尻尾まで味わいつくす)をテーマに、希少な国産豚1頭のさまざまな部位を余すことなく味わえる、食のサステイナビリティを意識したメニューを2017年3月17日(金)~31日(金)の期間提供いたします。

さらに、「ケンダル ジャクソンワイナリー」の中でも筆頭銘柄として知られるワイナリー「ラ・クレマ」より厳選したピノノワールとのマリアージュをお楽しみいただけるペアリングディナーもご用意いたします。

ジャスティン・ワングラー氏の食材へのリスペクトを感じながら、多彩な料理と厳選したワインの絶妙なマリアージュを、ぜひご堪能ください。

提供期間

2017年3月17日(金) ~ 31日(金)
※クリスピーポークロインサンドウィッチのみ  2017年3月17日(金) ~ 4月23日(日)

ランチ  11:30~14:30(土日祝 ~15:00)
ディナー  18:00~22:00
バー  11:30~24:30

メニュー / 料金 (税・サービス料別)

ランチアラカルト
  • クリスピーポークロインサンドウィッチクリスピーポークロインサンドウィッチ キャベツの赤ワイン煮 ブルーチーズドレッシング クレソン
    ¥2,700

生クリームをつかったリッチな生地にライ麦粉にモルトやオートミール、亜麻仁、大豆、ひまわりの種子、黒胡麻などをブレンドしたブラウンの生地を渦巻き状に混ぜ合わせ焼き上げたマーブルブレッドをつかった、カラフルな断面が鮮やかなフォトジェニックでボリュームたっぷりのポークロインサンドウィッチです。

ランチセット  ¥4,000
  • ミックスグリーン パルマハム カブとイチゴのピクルス 梅ビネグレット
  • ポークロイン コーングリッツ サヤインゲン グレープマスタード チャツネ
    または
    クリスピーポークロインサンドウィッチ キャベツの赤ワイン煮 ブルーチーズドレッシング クレソン
  • トロピカルフルーツ パッションフルーツムース ココナッツシャーベット シャルドネキャラメル
  • コーヒー  または  紅茶

ランチセットのオンライン予約はこちら

ディナーコース  ¥12,000
  • サツマイモのロースト 味噌パンナコッタ 腿肉のハム ホタテ クリスピージンジャー
  • ホセリート ベジョータ イベリコハム 紫蘇 カブとイチゴのピクルス 梅ビネグレット
  • ポークロイン グリッツ サヤインゲン グレープマスタード チャツネ
  • トロピカルフルーツ パッションフルーツムース ココナッツシャーベット シャルドネキャラメル
  • キャラメルコーン
  • コーヒー または 紅茶

ディナーコースのオンライン予約はこちら

ワインペアリング付きディナー  ¥17,500
【ワインリスト】
  • ラ クレマ モントレー ピノ グリ 2015
  • ラ クレマ モントレー ピノ ノワール 2014
  • ラ クレマ ロシアン リバー ヴァレー ピノ ノワール 2013
  • グラン レゼルヴ レイト ハーヴェスト シャルドネ 2015

ワインペアリング付きディナーのオンライン予約はこちら

バースナック 
  • 甜茶漬けした豚バラ肉のスライダー 赤ワインバーベキューソース キュウリのピクルス  ¥1,200
  • ローストポーク マンゴ 大根 の ストリートスタイル タコス  ¥1,300
  • クリスピーポークロインサンドウィッチ キャベツの赤ワイン煮 ブルーチーズドレッシング クレソン
    ¥2,700

 

ジャスティン・ワングラー氏  <ケンダルジャクソン ワイナリー 料理長>

ノースカロライナ州アシュビル生まれ。アシュビル=バンコンブ・テクニカル・コミュニティカレッジの料理学校で学ぶ傍ら、アメリカ料理協会が主催する地方や国レベルの料理コンクールで金メダルを多数獲得。1999年、世界有数の料理大学「カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ」のナパ・バレーにある分校にてキャリアを積んだ後、 「サドルバックセラーズ」(ワイナリー)、サンタローザの「シラーレストラン」での勤務を経て、2005年、ケンダル・ジャクソンの料理チームに参画。現在はケンダル・ジャクソンの料理長として、「Farm to Table(産地直送)」をモットーに、カリフォルニア食文化の自由な精神を強調するレシピを考案。サステナビリティに強い関心を持ち、自らが扱う食材には最大限の敬意を払う。