ページトップへ戻る

グランド ハイアット 東京 チャリティープログラム継続的な東北復興支援活動

グランド ハイアット 東京は、
全世界の約650以上のハイアットが取り組んでいる
CSR活動「ハイアット スライブ」の一環で、
東日本大震災直後から継続的な
支援活動を行っています。
売上の一部を寄付する宿泊プランやハンパーの販売、
ホテル館内の募金箱の設置、
ホテルスタッフによる被災地でのボランティア活動など、
被災地域に密着した継続的支援を目指しています。
2019年1月現在、約6,030万円の義援金を
子供地球基金や日本赤十字社をはじめ、
様々な団体を通して被災地支援のために寄付しました。

一日も早い東北復興を願って宿泊プラン「桜ライン311 チャリティステイ」

2012年3月~5月

2012年3月1日(木)から5月31日(木)の期間、継続的な東北復興支援活動の一環として、陸前高田市の津波到達地点に桜を植樹し、震災を風化させないよう後世に伝える活動「桜ライン311」に賛同するチャリティステイプラン「桜ライン311 チャリティステイ」を販売いたしました。

本チャリティプログラムは終了いたしました。本プログラムを通じて皆様からいただいた寄付金の総額は¥2,040,597となり、東日本大震災の津波到達地点に植樹活動を行う特定非営利法人「桜ライン311」に寄付いたしました。 皆様のあたたかいご支援・ご協力誠にありがとうございました。

ハイアット スライブについて

世界各国のハイアットホテルやリゾートで働くスタッフとその家族、 そして地域コミュニティがお互いに協力し合い、ハイアット独自の社会貢献活動を確立するためのグローバル プラットフォームです。 ハイアット スライブについての詳細はこちらから(※リンク先英語のみ)

ハイアット スライブ