Recommendedおすすめ情報

【日本初】和牛のようなサシと旨味を堪能、オーストラリア発の「モッタイナイラム」

モッタイナイラム オークドア イメージ画像1R

六本木のホテル、グランド ハイアット 東京では、和牛のようにとろける食感が特徴のブランドラム肉「モッタイナイラム」をつかったメニューを日本で初めてご提供いたします。

日本語の「もったいない」が由来となった「モッタイナイラム」、少しでも食品ロスを減らしたいという思いから、オーストラリア発のブランドラム肉は生まれました。

一般的なラム肉の飼料とは異なり、「モッタイナイラム」の飼料は、見た目の悪さなどが原因で出荷基準に満たないが栄養豊富な人参やオリーブオイル、オリーブの搾りかすなどを元に、牧草や穀物をバランスよく配合しています。

 

モッタイナイラム イメージ

まるで和牛のようなサシと肉質

こだわりの飼料で育った「モッタイナイラム」は、ラム肉特有のクセがなく、和牛のようにとろける食感が特徴です。栄養面でもオレイン酸やオメガ3脂肪酸を多く含み、ホルモン剤や抗生物質などを使用していないため安心してお召し上がりいただけます。


モッタイナイラム 生産者

生産者の一人であるモス ライト氏のコメント

ハイアット ホテルズは、「思いやりあふれる生産者が育てた食材を大切にお客様にお届けする」、というモットーを世界中のパートナーとともに実践してくれています。これはモッタイナイラムのコンセプトにも合致することから、グランド ハイアット 東京での提供を決めました。モッタイナイラムはまさに新しい、そして、ラム肉の概念を覆すような大変ユニークなラム肉です。この価値を理解してくださり、日本の方々にお披露目する機会を与えてくれたグランド ハイアット 東京とパートナーシップを組めることを大変嬉しく思います。


モッタイナイラム グランド ハイアット 東京 総料理長

グランド ハイアット 東京 総料理長のコメント

料理人人生の中でこのような新しい時代を切り開いてくれるような前例のない食材に出合える機会は多くはないので大変光栄です。モッタイナイラムの誕生秘話、存在価値、そして、その類稀な品質・味わいはこれからの時代の食材に求められることを全て満たしているといっても過言ではないと考えます。グランド ハイアット 東京がこのように素晴らしい食材を取り扱うことができる日本初のホテル/レストランとなれたことを、大変誇りに思います。お客様には、ぜひ他にはない食感や味わいをお楽しみいただきたいです。


モッタイナイラム グリル オークドア

オーク ドア(ステーキハウス 6階)

★新メニュー
「モッタイナイラム」のグリル \7,500

お席のご予約はこちらから


ハイアット ホテルズとサステナビリティ

ハイアット ホテルズは持続可能な開発目標(SDGs)にも取り組み、皆さまをお迎えしております。中でも、「海の豊かさを守ろう」に重きをおき、2014年にはグループホテルそれぞれにおいて、取り扱う魚介類は責任ある供給源からの調達を目標としています。